初めての車
TOPICS
初めての車

初めての車

子供のころ好きだった車種はなんでしょうか。
70年代生まれの方であれば、最初に大雑把に知った車種はスーパーカーかもしれません。
ランボルギーニや日本車で言えばホンダのNSXなどを思い浮かべる人もいます。
それにF1です。
フェラーリの赤い車がなつかしいです。
セナとプロストの対決もなつかしいです。
いつしか外車、日本車という違いを知り、まず覚えた外車がベンツ、という方も少なくないでしょう。
ドイツの車かなどは全く興味がなかったかもしれません。
トミカなどのミニカーに触れる機会が増え、車種を細かく覚えていくことができるようになりました。
サスペンションなどのギミックがよくできていて、ミニカーは魅力的でした。
実際に手で押して走らせることができる、見た目も精巧なおもちゃは記憶に深く刻まれています。
そこまで車好きにならなかった人は、スカイラインやカローラ、それにブルーバードなどの車種がどのジャンルに属するのか、排気量はどう違うのかなどはわからなかったと思います。
がっちりした趣のセダンと違って印象深かったのがMINIです。
カワイイとしか言いようのないフォルムが引きつけます。
ラバーコーンサスペンションを使用しているなど、特徴を知れば知るほど興味をそそりました。
このサスペンションはモールトン博士が開発したもののようです。
同じ仕組みを採用した折り畳み自転車も作成されており、人気があります。
スプリングなどではなくゴムを使ったサスペンションと聞いただけで、ちょっとおもちゃ的な、楽しいイメージを感じてしまいます。
実際の乗り心地を「ピョンピョン」していると表現している人もいます。
ゴムという性質上、へたりやすいのが難点だという意見もあります。
車好きな人は、メンテナンスをするのが好きです。
そういう一見面倒くさそうな部分にこそ愛着を感じられるのかもしれません。
子供のころ後部座席に座らせていただいたことがありますが、何か遊園地のアトラクションに乗っているかのような揺れと大きなエンジンの音に不快に感じたというよりは、とても楽しい気持ちになりました。
そんな気持ちをずっと大切にしたい方が乗り続けているのかもしれません。

車・バイク・機械でも話題の車種の情報はこのサイトがイチオシです

Copyright (C)2015初めての車.All rights reserved.